プラチナカードを複数枚所持することによって上限金額を上げることができます。

MENU

プラチナカードの複数枚持ちは可能?

プラチナカードについて疑問を持つ男性

企業によっては複数の法人プラチナカードを所有していることも珍しくありません。
個人でも利用目的に応じて複数枚のプラチナカードを使い分けているケースも多いでしょう。

 

さて、ではクレジットカードを、プラチナカードを複数持って使い分けるメリットとは何なのでしょうか?
具体的にメリットが思い浮かばない人のために詳細をまとめて行きたいと思います。
ここでは個人や法人が複数枚所持するメリットについて、それぞれまとめて行きます。

 

 

利用限度額を何倍にも出来る

個人的な買い物であっても、接待交遊費であっても、予定しない出費がかさむ時はあります。
そうした時にクレジットカードが利用上限になってしまったら困るはずです。
特に接待の場で使用したプラチナカードが利用上限で使えないとなれば、とても恥ずかしい思いをするでしょう。

 

ここで複数枚持ちのメリットを紹介します。
まず、複数プラチナカードを所持していれば、それぞれに利用上限が設定されています。
簡単に言えば倍の金額がクレジットカードで使えることになるのです。
これにより支払いが滞るリスクを最小限に出来るので、頻繁に買物や接待を行う人は予備として所持してみてはいかがでしょうか?

 

 

利用できるサービスが増える

一口にプラチナカードと言っても、海外旅行に関わるサービスで強い魅力を発揮するカードもあれば、ホテル予約で魅力的なカードもあります。
提携店でVIP待遇を受けられるのもプラチナカードのメリットだと言えます。
複数のプラチナカードがあれば、様々なサービスを両方を受け取ることが可能になります。

 

海外旅行からホテル予約、提携店によるVIP待遇や割引まで、受けられるサービスが何倍にも増えるでしょう。
プラチナカードを複数所持すれば、より幅広いサービスに触れられるのです。

 

 

コンシェルジュを使い分ける

プラチナカードにはコンシェルジュサービスが付いています。
何でも屋さんとして様々な相談やお願いに対応してくれる強い味方でしょう。
しかし、あらゆることをすべて叶えてくれる神様ではありません。
難しい注文に関しては実現しませんし、思い描いているサービスとは違うものにもなります。

 

そこで覚えておきたいのが複数枚持ちによるコンシェルジュサービスの使い分けです。
海外で強い影響力を出すコンシェルジュも居れば、国内の飲食店やホテルに詳しいコンシェルジュも居ます。
コンシェルジュが何を得意としているかを把握し、目的に応じて使い分けるようにすると便利です。

 

1枚のプラチナカードではフォロー出来ない要素も、複数のプラチナカードがあればカバーできるのです。
複数のプラチナカードを所持して充実した私生活や仕事を行ってみてください。