プラチナカードの平均的な年会費は5万円前後に設定しているケースが多いです。

MENU

年会費

プラチナカードの年会費は安いタイプで税込2万円、もっとも高額なプラチナカードと言われているアメックスのプラチナカードで
140,040円(税抜き13万円)です。
平均的には5万円前後に設定しているケースが多いです。

 

 

年会費の安いカードはスペックや付帯サービスも限定される

プラチナカードのメリットは以下のものがあります。

 

  • ポイント還元率が高い
  • 限度額が高い
  • 保険や空港ラウンジ使用権など付帯サービスが充実
  • 専任コンシェルジュなどサポート体制が充実
  • 保有するだけで優越感を得られる

 

プラチナカードを保有するメリットについてはコチラのページで詳しく紹介しています。(参考記事:受けることのできるメリット)

 

高額な年会費のプラチナカードは幅広い付帯サービスが充実しますが、年会費の安いタイプはゴールドカードとプラチナカードの中間のようなスペックになっていることが多いです。
たとえば年会費2万円のオリコ・プラチナカードの場合は最高限度額は300万円までしか設定されません。
限度額はゴールドカードと同等スペックでも、プラチナカードの代表的なサービスにあたるコンシェルジュサービスを付けています。

 

年会費の高額なプラチナカードになると旅行保険のスペックが高くなったり、空港ラウンジは国内のカード会社が共同運営している簡易的なものだけではなく、海外の空港ラウンジサービスも使えるようになります。
つまり、プラチナカードの年会費に差額が大きいのは、受けられるサービスの差もあることを意味しています。

 

 

ポイント還元で元を取るなら一般カードかゴールドカード

クレジットカードを比較する男性

 

プラチナカードはポイント還元率が一般カードより高めになっているので、たくさん利用するほどお得になります。
ポイント還元率はカードごとに異なりますが、多くのプラチナカードはゴールドカードと同等のスペックになっています。

 

ポイントだけで年会費を回収するには相当の決済額がないと難しいです。
単純にポイント還元でお得にカードを保有するならポイント還元率の高めな一般カードかゴールドカードをオススメします。

 

 

プラチナカードの場合はポイント以外のサービスが充実しています。
お得度の高いサービスで定番なのはレストランの招待もしくは優待サービスです。
内容はカードごとに違いますが、国内のカード会社であれば1年に1回提携レストランの5千円相当の食事を2名分招待したり、提携レストランで2名1万円以上のコースで1名分無料のサービスをつけています。
提携レストランは都内など大都市に多いので地域格差も出てきますが、プラチナ限定の無料サービスや優遇特典を上手に活用できればお得に利用できます。

 

また、プラチナカードで人気の高いサービスのひとつが海外の空港ラウンジが使い放題になるプライオリティパスです。
プライオリティパスは世界120カ国400都市1,000箇所の空港ラウンジを利用できるサービスで直接会員になると利用回数無制限のプレステージ会員で399ドル(4万5千円相当)の会費がかかります。
プラチナカードはプライオリティパスが付いてくる商品も多く、海外旅行や海外出張の多い方はプライオリティパスの利用だけで年会費の元を取れると考えてプラチナカードを持つ人もいます。

 

このように、ポイント還元以外のサービスをうまく活用できるかがプラチナカードをお得に使うコツです。
ただし、プラチナカードで優遇されるサービスで年会費を回収しようと考えると、カード会社の指定したサービスを選んで使わないといけません。

 

プラチナカード保有者の多くは、あまり細かい計算は考えずコンシェルジュサービスへの付加価値を評価したり、保有する優越感を重視して年会費の元を取ろうという考えを持たずに保有している方が多いです。