コンシェルジュサービスを利用できるのがプラチナカードの最大のメリットです。

MENU

受けることのできるメリット

プラチナカードを保有することで受けることのできるメリットやサービスをまとめました。
プラチナカードごとで付帯サービスの内容も変わるので、カード選びの判断材料にしてください。

 

 

コンシェルジュサービス

プラチナカード定番サービスです。
コンシェルジュサービスはプラチナカード会員専用デスクを用意して、あらゆる要望に応えてくれます。
主な使い方は以下の通です。

 

コンシェルジュの男性

  • 食事場所を探す
  • 宿泊先を探す
  • 観光スポットの紹介
  • 調べ物のお願い
  • 各種予約代行

 

使い方の一例としては、このエリアで美味しいイタリアンを食べたいというとコンシェルジュがオススメのお店をピックアップして特徴の紹介や予約の代行までやってくれます。

 

プラチナカードによっては提携しているレストランや宿泊先を多数用意して、特別価格で提供できるサービスをピックアップして紹介してもらえることもあります。
ほかにも、ちょっとした調べ物のお願いや、周辺の観光スポットを教えてもらうことができます。

 

コンシェルジュは何でも断らないサービス概念にあります。電話を通じてサービスなので電話での手配やネットで簡単に調べられるものであれば何でも依頼可能です。
カード会社のコンシェルジュサービスを使うことに優越感も得られるメリットもあります。

 

ほかにもプラチナカード会員限定で、健康相談や法律相談など専門家の待機しているコールセンターを利用できるケースもあります。

 

 

空港ラウンジ

クレジットカードに付いてくる空港ラウンジサービスは国内空港のカード会社専用ラウンジの使用とプライオリティパスによる海外ラウンジの利用です。
よくテレビで紹介される食事が食べ放題でアルコールも飲めるラウンジは航空会社の用意しているもので、国内の航空会社ラウンジは原則クレジットカードの付帯サービスでは利用できません。

 

カード会社のラウンジは付帯サービスを目的にカード会社が合同で運営している簡易的なラウンジで、ゆったりくつろいで搭乗時間を待てるスペースの提供とドリンク無料サービスを用意しています。
ゴールドカードにも付いてくるケースが多く、プラチナカードになると同伴者も無料になるなどプラスアルファのサービスが付きます。

 

プラチナカードで人気なのがプライオリティパスです。
対象になるのは海外の空港ラウンジになりますが、国内のカード会社専用ラウンジよりも充実したサービスが付いてくることが多いです。
海外では日本以上に飛行機の発着時間に遅れの出ることが多いので、旅行や出張で頻繁に海外に行く人から好評です。
プライオリティパスで直接入会すると日本円で4万5千円相当の年会費がかかります。
プラチナカードによっては、プライオリティパスを有効活用するだけでカードの年会費の元を取れてしまいます。

 

 

プレゼントサービス

プラチナカードは年に1回や誕生月限定などでプレゼントサービスを用意していることがあります。
プレゼントの内容はカードごとで変わってきます。一例をご覧ください。

 

  • レストラン無料招待券
  • 記念品の贈呈
  • ポイントプレゼント
  • ホテルラウンジの無料利用&ドリンクサービス

 

申請したり特定の場所にいかないと使えない場合や、年間200万円以上を利用した方限定にするなど条件のあるケースもあります。

 

 

優待サービス

カード会社の提携している施設からプラチナ会員限定の優待を受けられます。
主な活用事例や優待内容は以下の通りです。

 

  • 宿泊施設の割引、部屋のアップグレード
  • レストランの割引、特別プランの提供
  • 観光施設の入場料割引
  • 提携施設のVIPルーム利用など特別サービス

 

 

その他基本サービスも充実

プラチナカードはゴールドカード以下で付いてくるサービスも充実します。
海外旅行保険、ショッピング保険などの補償内容が良くなる、家族カード発行手数料無料などがあります。
ゴールドカードで付いてくるサービスでも内容で違いがないかチェックしましょう。