法人プラチナカードを解約する際はポイントの失効などに注意しましょう。

MENU

解約はできる?

クレジットカードの処分

プラチナカードを持っていることは魅力的なステータスになります。
接待の席や他愛のない雑談で相手の信頼を勝ち取れる可能性は非常に高いでしょう。

 

しかし、一般的なクレジットカードと違い高い年会費が発生するのを忘れてはいけません。
空港エントランスやコンシェルジュサービス、高級ホテルの優先予約など様々な特典がプラチナカードにはあります。
そのため、プラチナカードには少々高めの年会費が設定されているのです。

 

プラチナカードには興味があるものの、年会費の負担が気になる人も居るでしょう。
特に法人のプラチナカードを維持するには、会社の業績に大きく関係してきます。
そこで紹介したいのがプラチナカードの解約方法についてです。
もしも手放す必要が出て来たら、どんな解約手続きやデメリットがあるかをまとめました。

 

 

プラチナカードは簡単に解約できる

まず最初に、プラチナカードの解約方法から見て行きましょう。
これは通常のクレジットカードと同じで、基本的にはサポートへ電話を行い解約の旨を伝えれば良いです。
サポートの電話番号はクレジットカードの裏面に書いてあるので見てみてください。

 

登録時の情報やカードの情報を伝えるだけで解約可能なので、特別なことは必要ありません。
窓口対応の時間にさえ注意すれば大丈夫でしょう。
所持するのは大変なプラチナカードは、簡単に解約が出来てしまいます。

 

 

解約するデメリットはあるのか?

サクッと簡単に解約が出来てしまうプラチナカードですが、何かデメリットは無いのでしょうか?
解約してから気付いても遅いので、しっかりとデメリットについて理解しておきましょう。

 

まず、カード会社の信用が下がるのがデメリットとして挙げられます。
今は必要ないから解約して、使いたい時に法人プラチナカードを作ろう、という利用は難しいのです。
1度解約してしまうと、再度プラチナカードを作るのが大変になります。
もちろん不可能になる訳では無いので、そこまで心配する必要はないでしょう。
しかし、カード会社からの信用度が下がるのは間違いないので覚えておいてください。

 

他にも、支払い済みの年会費やカードに溜まっているポイントは破棄されてしまいます。
年会費の引き落としがあった直後に解約すると損になるのです。
ちなみに、プラチナカードの特典サービスも無くなるので、利用中のものが無いかも確認しておきましょう。

 

このように多少の注意点はあるものの、法人プラチナカードを解約するデメリットはそこまで大きくありません。
使い勝手が悪いと感じたら無理に年会費を支払わず、他のカード会社を検討すると良いです。
利用上限が低いと感じるのであれば、プラチナの上にあるブラックを目指すのもありです。
何が必要なのかを検討して、適切な法人プラチナカードを使ってみてください。