年会費の高額なカードはインビテーションを受けることが難しく、最高限度額が無制限になります。

MENU

各社の比較

プラチナカードは各社によってスペックや付帯サービスが異なります。
項目別にランキング形式でプラチナカードの種類や特徴をまとめました。
重視するポイントに強いカードと年会費などを比較して保有を目指すプラチナカードを選びましょう。

 

カード会社の比較

 

 

年会費

 

年会費の安いカード

1位 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費:21,600円で年間200万円以上利用で翌年度の年会費10,800円

 

2位 エポスプラチナカード
年会費:20,000円

 

2位 オリコカード ザ プラチナム
年会費20,000円

 

その他年会費2万円台のプラチナカード

JCBプラチナ:年会費27,000円
ジャックスカードプラチナ:年会費21,600円
SBIプラチナカード:年会費21,600円

 

 

年会費の高いカード

1位 ラグジュアリーカード ゴールドカード
年会費:216,000円(ブラックカードは108,000円)

 

2位 アメリカンエクスプレス プラチナカード
年会費:140,400円

 

2位 ダイナーズクラブ プレミアムカード
年会費:140,400円

 

年会費の高額なカードはインビテーションを受けることが難しく、所有するステータスも高いメリットがあります。
また年会費の高額なカードは最高限度額が無制限になります。

 

 

旅行保険の手厚いカード

1位 SMBCプラチナカード
1事故最大1億円、本人、家族カード会員が対象

 

2位 アメリカンエクスプレス プラチナカード
1事故最大1億円、幅広い補償項目を全て手厚補償

 

3位 セディナプラチナカード
1事故最大1億円、家族特約あり

 

この他、プラチナカードは全般的に旅行保険は手厚く、国内・海外ともに1事故あたり1億円の補償がスタンダートになっています。

 

 

クレジットカードを比較するときのポイント

プラチナカードであれば最低限は付けてほしいサービスとスペックをまとめました。
気になるカードがあれば以下のサービスが付いているか確認してみましょう。

 

 

コンシェルジュサービス

プラチナカード専用のコンシェルジュデスク(コールセンター)を用意して、カードの問い合わせ以外に、飲食店や宿泊施設の予約など幅広い領域でお手伝いしてくれるサービスです。

 

プライオリティパス

海外の空港ラウンジを利用できるサービスです。直接加入すると399ドルかかる高級サービスです。
ゴールドカードと差別化するプラチナカードの目玉サービスになっていることが多いです。

 

各種優待

割引や無償提供など、プラチナカード限定特典を確認しましょう。

 

各種保険

海外・国内旅行保険1億円、ショッピング保険などクレジットカードに付帯される保険は最高スペックになっているのがプラチナカードの基本です。

 

 

オリジナルサービスを比較する

各カード会社によってプラチナ限定の特別サービスを用意していることがあります。
一例をご覧ください。

 

セディナプラチナカード

サンリオピューロランドの特別室でパレード鑑賞&キャラクターと記念撮影

 

三井住友プラチナカード

宝塚歌劇優先販売、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのユニバーサル・エクスプレス配布、三井住友VISA太平洋マスターズ(ゴルフツアー)へ招待

 

JCBカードプラチナ

JCBプレミアムステイプラン(国内のホテル・旅館のプラチナカード特別プランの提供)

 

 

全般的に海外のカード会社は宿泊やレストランのサービスに力を入れています。
国内のカード会社は国内で使えるオリジナリティあるサービスを提供していることが多いです。

 

プラチナカードの限度額についてはこちらに詳しくまとめています。(参考記事:利用限度額)