ブラックカードはカードの色ではなく、最上級ランクのクレジットカードの総称です。

MENU

プラチナを超えるカード

プラチナカードの上にはブラックカードがあります。
ブラックカードはアメックス(アメリカンエクスプレス)が発行したセンチュリオンカードのラベルが黒だったことから名付けられた経緯があります。
黒いカードは高グレードというイメージが定着して、黒色のデザインを採用するプラチナカードや一般カードも登場しています。
ブラックカードはカードの色ではなく、プラチナを超えるグレードのクレジットカードの総称です。

 

 

主要なブラックカード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

年会費:378,000円
入会金:540,000円
特徴:クレジットカードの王様とも言われる最強のブラックカード

 

ダイナーズクラブ・プレミアム

年会費:140,400円
入会金:-
特徴:入会基準の厳しいダイナーズクラブの最上位カード、アメックスのセンチュリオンと並んで2大ブラックカードと呼ぶ動きもあります。

 

SBIワールドカード/ワールドマスターカード

年会費:162,000円
入会金:-
特徴:発行枚数の少ないことで知られる幻のブラックカード

 

JCBザ・クラス

年会費:54,000円
入会金:-
特徴:JCB最上級カード、一部ではプラチナ相当と評価されています。

 

 

ブラックカードの定義は様々

ブラックカードはゴールドやプラチナに比べてもランクやグレードの定義は曖昧です。
たとえば、Luxuly(ラグジュアリー)カードの場合は、チタンカード→ブラックカード→ゴールドカードの順番でランク分けされていて、ブラックカードはゴールドの下という位置づけになっています。

 

ゴールド、プラチナのグレードがあり、さらにその上のグレード設定がある場合にブラックカードと認定できる基準とも捉えられます。
ただし、ダイナーズカードの場合、プラチナやゴールドの概念がなく、最低ランクのカードで他社のゴールド・プラチナカード相当と言われています。

 

 

ブラックカードのメリット

ブラックカードはプラチナカード以上の付帯サービスが付いてきます。
主なブラックカードの付帯サービスは以下の通りです。

 

3枚のクレジットカード

  • 最高品質のコンシェルジュサービス
  • 限度額が桁違いに大きい(高級車や戦車、家庭用ジェットなどもカード購入可能になる事例も)
  • ホテルや航空券がアップグレードされる

 

もっとも年会費に見合うサービスはアップグレードサービスです。
毎回必ずアップグレードを約束されたものでないですが、ホテルがスウィートルームになったり航空券がエコノミーからビジネスやビジネスからファーストにアップグレードされれば、簡単に年会費の元を取れます。
ただし、ブラックカードのアップグレードサービスは一流ホテルや三ツ星レストランなど高級サービスに限定されます。

 

国内で年会費10万円以上のブラックカードを保有している人は、付帯サービスよりも保有することのステータスに価値を感じて高い年会費でも最上級のカードにこだわって保有しています。

 

プラチナカードを持つための条件