プラチナカードのスタート時の限度額は200万円以上、最高限度額は500万円以上が一般的です。

MENU

利用限度額

 

クレジットカードの限度額イメージ

 

プラチナカードは利用限度額を高く設定できるのでカード利用額の多い人にオススメです。
最高限度額や初期限度額はプラチナカードの中でもカード会社ごとで設定は異なります。

 

年会費1万円前後で保有できる国内の信販会社(カード会社)のゴールドカードの場合、スタート時の限度額は100万円、最高限度額は200万円~300万円というところが多いです。
プラチナカードはゴールドカードの上の存在なので、スタート時の限度額は200万円以上、最高限度額は500万円以上が一般的なスペックです。
プラチナクラスになれば最高限度額1,000万円以上も珍しくありません。利用実績を残していれば限度額を無制限に拡大できるプラチナカードもあります。

 

ただし、年会費2~3万円で保有できるお手軽なプラチナカードの場合は最高限度額300万円、スタート時は100万円前後といったゴールドカードと同等水準の限度額設定になっているケースもあります。
また、プラチナカードになると100万円以下など利用限度額を少額に抑えた希望条件を認めてもらえないケースも出てきます。

 

アメックスのプラチナカードはインビテーションの条件が厳しくて年会費も高額になることから、プラチナ発行時の時点で500万円以上の限度額が与えられるそうです。
一般的なプラチナカードはゴールドカードより高めの限度額から始まって、利用実績に応じて限度額の自動増額審査が行われて条件の良くなっていくシステムが多いです。

 

 

限度額が高額になると利用可能額が登場する

アメックスなど一部の限度額を高額設定しやすいカードは、限度額のほかに利用可能額を用意しています。
利用可能額は電話かWebで高額決済もしくは1日に大量のカード決済することを事前に申告する制度です。

 

基準はカード会社や限度額によって異なりますが、1日あたり数百万円単位の金額を使う場合は利用可能額を気にするようにしましょう。
カード会社は不正利用時にショッピング保険で補償するサービスをつけていて、限度額の高額なプラチナカードは不正利用されたときのリスクが高くなります。

 

そこで、不正利用防止を目的に1日や1回で高額利用する場合に事前確認する利用可能額制度を設けています。

 

 

プラチナカードはキャッシング枠も優遇されるの?

カードによってキャッシング枠を優遇されるケースもありますが、全般的には一般カードやゴールドカードと同等スペックになっています。
キャッシングに強いプラチナカードで最高300万円ほどです。

 

キャッシング機能は貸金業法の影響を受けるため、50万円を超えると収入証明を提出して審査を受ける必要が出てきます。
ショッピング枠は新規カード申込時には勤務先や年収で審査されますが、カード保有後のインビテーションや限度額引き上げ審査は勤務先や収入ではなくカードの利用実績を重視されます。

 

つまり、ショッピング枠の限度額はカードをたくさん使っていれば高く設定できますが、キャッシング枠を高額設定するためには収入証明など提出書類を用意して増額審査を受けないといけません。

 

そもそもプラチナカードは年会費も高くて、お金に余裕のある人に向けたグレードです。
プラチナカード保有者はキャッシング機能を使うことは少なく、一般カードと同等水準のスペック(キャッシング枠50万円以下)のまま保有している方が多いです。