悪用を防ぐためにも法人向けのブラックカードは発行されていません。

MENU

ブラックカードとは?

ブラックカードイメージ

選ばれた者だけに与えられる至高のクレジットカード、そのさらに上にあるのがブラックカードです。
持っている人を見つけるのは極めて難しく、限られた人だけが所持を許された至宝と言えます。

 

プラチナカードの上に存在しているブラックカードは、当然プラチナよりもサービスが良くなります。
利用上限も高くなりますし、信用度もステータスも高まるでしょう。
ブラックカードの所有者だと分かれば、高級ホテルや高級ショップはVIP待遇を約束してくれます。
そんな至宝であるブラックカードの所有者はどんな人なのでしょうか?
謎に包まれているブラックカードの秘密を暴きたいと思います。

 

 

ブラックカードを所有する条件

どうすれば至宝とも言えるブラックカードの所有者になれるのでしょうか?
まずは入手したいブラックカードの1つの下であるプラチナカードを入手することから始めましょう。
いきなりブラックカードを作るのは不可能で、基本的にはプラチナカードで実績を積まなければなりません

 

ちなみに、ブラックカードを所有する目安の年収は1000万から2000万だと言われています。
もちろん、年収が所有者になる条件のすべてでは無いのです。
年収の他にもクレジットカードの利用実績、クレジットヒストリーが重視されます。
何をどれだけの頻度で購入しているか、返済出来ないことがあったか、そういった利用状況を精査するのです。

 

カード会社が困るのは、利用した金額の返済が滞ることです。
そのため、莫大な金額を利用しても返済できる経済力があるかを入念にチェックしています。

 

さらに、過去の犯罪歴仕事の内容も調べられます。
犯罪に利用されてしまうとカード会社の信用が失われるため、所有する人物の調査も欠かしません。
こうした条件をすべて満たすと、初めてブラックカードの招待状が手元へ届きます。

 

 

法人のブラックカードは存在しない

法人用のプラチナカードは存在していますが、実は法人用ブラックカードは存在していません。
様々な憶測が挙げられていますが、最も有力なのは簡単に作られてしまうからということでしょう。
例えば、個人で年収1000万でブラックカードを利用する人は極めて少ないです。
しかし、法人カードであれば年商1000万を軽く超えてしまいますし、億単位の利用すら可能になります。

 

こうなってしまうとブラックカードの希少性が無くなってしまい、ありふれたカードになるでしょう。
そうならないように法人用のプラチナカードまでに留めているというのが有力なのです。

 

また、ブラックカードには利用制限が掛けられていないため、使おうと思えば何億でも使えてしまいます。
しっかりと返済出来れば良いですが、事業に失敗などすれば企業からの返済は絶望的になります。
そうした観点からも法人向けのブラックカードは存在していません。

 

ただし、法人ブラックカードとも呼べるプラチナカードは発行されているので、代用品としてそちらを使うと良いでしょう。
法人プラチナカードは十分なステータスになりますし、サービスも充実しているのでおすすめです。