プラチナカードは、他カードよりも充実した付帯サービスを受けられます。

MENU

クレジットカードにおける「プラチナ」の魅力

 

並べられたクレジットカード2枚

 

クレジットカードにはグレードがあり、カードの種類や契約内容に応じて受けられるサービスが違います。
本来の目的は商品の購入やサービスを受けるための支払いをするものですが、一部では決済サービスではなくカードの付帯サービスを目的に高額な年会費を払って上級カードを保有している人もいます。
グレードの中でもプラチナは各カード会社で特別な存在になっていて、誰もが憧れるハイステータスカードです。

 

 

プラチナカードとは

 

クレジットカードは大きく次の4グレードに分類されます。

 

  • ブラック(一部カードのみ取扱)
  • プラチナ
  • ゴールド
  • 一般

 

一般カードは年会費無料、もしくは2千円前後の広く普及しているカードです。
ゴールドカードは上級カードとして、新規申込を受付しているタイプも多いです。
プラチナ以上になると、クレジットカードのパンフレットや新規入会用のWebページでは紹介していなく、インビテーション(招待)によって選ばれた人だけが所有できる特別なカードの位置づけになります。

 

 

ブラックカードとプラチナカードの違い

 

疑問を抱く女性

 

従来はクレジットカードの最高グレードはプラチナでした。
アメリカの大手カード会社アメックス(アメリカンエクスプレス)がプラチナを超える上級グレードのブラックカード(センチュリオンカード)を打ち出したことによって、複数のカード会社が追従する形でブラックカードを導入した歴史を持っています。

 

アメックスのブラックカードは影響力が大きく、黒い色をしたカード=高級というイメージが定着して、プラチナカードでも黒色のデザインを取り入れるカードが増えています。

 

なかには、ブラックカードでもプラチナ相当と評価されているカードもあり、定義が曖昧になっています。
一般的には年会費が10万円以下、もしくはアメックスのゴールドカード以上プラチナカード未満のスペックをプラチナカードに分類する傾向が強いです。

 

アメックスカードの年会費

ゴールド:29,000円(税抜き)
プラチナ:130,000円(税抜き)
ブラック:350,000円(税抜き)

 

アメックスの場合、プラチナカードの中でも業界屈指の高スペックになっています。
ブラックカードの場合は高額な年会費のほかに50万円の入会金も必要で、インビテーションを受ける条件もかなり厳しいです。
本物のブラックカードの場合は、平均所得を大幅に上回る富裕層しか所有できないのに対して、プラチナカードであれば平均所得でも保有できるスペックになっています。

 

アメックスのプラチナカードは年会費で税込14万円以上しますが、安いタイプのプラチナカードは年会費2~5万円程度で保有できて、周囲から一目置かれる存在になれるため保有を目指す人が多いです。

 

 

プラチナカードのメリット

 

プラチナカードのメリットは以下のものがあります。

 

  • ポイント還元率が高い
  • 限度額が高い
  • 保険や空港ラウンジ使用権など付帯サービスが充実
  • 専任コンシェルジュなどサポート体制が充実
  • 保有するだけで優越感を得られる

 

お金持ちの女性

ポイント還元率や付帯サービスの内容はカードごとで異なります。
全てのプラチナカードに共通しているのは、保有する優越感が高いことです。
お店の支払いでクレジットカードを出すときにプラチナを差し出せば、お店のスタッフや一緒に食事をしている友人・知人からも「すごい」というイメージを持たれます。

 

世の中では、「プラチナカード=お金持ち」のイメージが定着していて、プラチナカードを持っていることがステータスになるので、仕事のできる人、お金を持っているなど良い印象を与えられることがあります。

 

ほかにも全般的なスペックやサービスは一般カードより充実していますが、ひとつ下のゴールドカードでも付いてくるサービスは多いです。
ポイント還元率や空港ラウンジの利用を目的にする場合は、ゴールドカードとの違いを比較して慎重に検討しましょう。

 

プラチナカードとゴールドカードの違いはコンシェルジュサービスの付く点です。
コンシェルジュは要望に応じてレストランや宿泊先を探して予約まで取ってくれます。
また、プラチナカードは提携しているレストランやホテルを割引利用できるケースも多いです。
普段から旅行や出張、レストランでの食事など外出をして宿泊や食事、観光でお金を使う機会の多い人はプラチナカードの恩恵を受けやすくなります。

 

 

このように、プラチナカード(クレジットカード)は非常に便利ですが、時にはどうしても現金が必要になることもあります。
そんなときに活用されるのがクレジットカード現金化です。すぐに現金が手に入ることから一部で注目されていますが、悪徳業者などには気をつけなければいけません。
思わぬ罠にかからないよう、現金化業者の選び方には気をつけましょう。